英語

【わかりやすく解説】英語の住所の書き方のルール

英語の住所の表記の仕方

英語の住所は、次の順番で書きます!

建物名、部屋番号(階数)、丁目・番地・号、市区町村郡、都道府県、郵便番号 国名

例を見てみましょう!

日本語:〒123-0000 東京都新宿区新宿1-2-3 新宿ビル101

英語:Shinjuku building #101, 1-2-3, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 123-0000 Tokyo

おわりに

英語の住所は、日本にいても使うことはありますよね!

わたしも、名刺作りの際に表は日本語、裏は英語にしたので、英語の住所を掲載したことがあります。

【名刺の表】

【名刺の裏】

※こちらの名刺は、絵本の学校ウーマンクリエイターズカレッジの卒業制作発表の展覧会用に作成した名刺です♪

広告やデザインを作られている方なら、お店の住所を英語表記にする機会があるかもしれません。

ぜひぜひ住所の書き方、覚えてみてくださいね♪

ABOUT ME
木佐しょうこ
イラストレーター・翻訳家の木佐しょうこです!