日本文化を英語で紹介

【日本のすごい発明】海外の人にも喜ばれるフリクションペンを英語で説明

フリクションペンとは

フリクションペンは、ステーショナリー製造・販売の株式会社パイロットコーポレーションの摩擦によって消せるインクを使用したボールペンです!

フリクションペンを英語で説明

フリクションペンは、ずばり英語では、Erasable penといいます。

Erasable pen is a pen called friction pen in Japan. It uses erasable ink with friction.

日本でフリクションペンと呼ばれるペンで、摩擦で消せるインクを使用しています。

また、ボールペンですので”Erasable ball paint pen“でも伝わります。

“friction”は「摩擦」、”erasable”は「消去可能な」という意味の形容詞です!

ですので、「friction pen」と伝えても、摩擦ペン??と機能がよくわからない可能性があるので上記のように説明をすると良いです♪

フランスでは「FRIXION ball」という名前で売られています。

海外で喜ばれるフリクションペン

ロンドンの語学学校に、留学していた時に、授業でフリクションペンを使用していたら、「なんでインクが消えるの?!」ととても驚かれました。

世界にもあるものだと思っていたのですが、私もとっても驚きました!笑

ディスカッションの授業で、チームのみんなの意見をノートに書き写して意見をまとめる際に、消せることができるペンはとても便利で、重宝しましたよ!

台湾の方が、嬉しそうにフリクションペンを使ってくださいました(わたしのペン……!)笑

ロンドンの語学学校には、イタリア、ブラジル、スイス、いろいろな国の方がいらっしゃいましたが、その場にいた方達は誰もフリクションペンを知りませんでした!先生も!!

私が褒められたわけではないのですが、日本のフリクションペンが褒められてすごく嬉しかったです。

ちなみにロンドンに、長く住まれている日本人の方に聞いたところ、日本からのお土産でフリクションペンをたくさん買って行って、クラスの方達に配ったらとても喜ばれたそうです。笑

ABOUT ME
木佐しょうこ
イラストレーター・翻訳家の木佐しょうこです!