体験談

【イギリス留学】くまのパディントンに会いたくて 、パディントン駅に行った話

くまのパディントン、きっと聞いたことがある方も多いですよね!イギリスの児童文学、作家マイケル・ボンドの作品です。

最初に出版されたのは、1958年「くまのパディントン/A Bear Called Paddington」です。現在では、30の言語に翻訳され世界中で出版されています。

実写の映画も公開されましたよね!

くまのパディントンのあらすじ

ペルーのジャングルの奥地から、はるばるイギリスに一人でやってきたくまのパディントン。赤い帽子に青いダッフルコートの紳士的なくま。彼がイギリスに来たのは、ある “探検家”に会うためなのですが、道ゆく人に聞いてもみんな忙しなく去っていくばかり。

パディントンはスーツケース一つ持って、コートには「このくまをよろしくお願いします」( “Please look after this bear. Thank you” )と書かれた札をつけたまま駅で待ちぼうけ……。

“look after”は「~の世話をする」という意味の熟語です。

そんなときに、彼の姿を見たイギリス人のブラウン夫妻が、パディントンに優しく声をかけ、一家に迎え入れます。夫妻と彼の出会った場所が、このPaddington(パディントン)駅だったため、くまはパディントンと名づけられました。

パディントンは、慣れないロンドンの生活の中でも純粋さと、まっすぐな心で街の人気者になっていきます♪

ロンドンにある!パディントン駅

実際、イギリスロンドンのパディントン駅には、パディントンの像があります。

国鉄パディントン駅の1番線ホーム、切符なしで入ることができますよ!

パディントンとスーツケース♪

後ろ姿♪

パディントン駅には、パディントンのグッズを揃えたショップがあります!

可愛いグッズがたくさん♪

パディントン駅にあった美味しいブリトーのお店

その名も、BURRITO!気軽に入ることができるお店です♪

注文をして、ブリトーを作っているところを拝見♪

パディントン駅構内が見える良い席♪

さぁ食べよう!!

と思ったら、ブリトーの断面を撮影するのに夢中で、ズボンに落としてしまいました……泣

幸い、床に落ちなかったので、そのまま完食しましたよ。泣

美味しかったです……!!

おわりに

実写映画「パディントン」、「パディントン2」、純粋で優しいパディントンのロンドンでの生活に心温まりますよ♪イギリス英語のリスニングにもおすすめの作品です♪

お土産で買ったパディントンのぬいぐるみ!↑

留学中、寮の部屋でさびしいので一緒にいてもらいました笑♪

パディントンの挨拶  “How do you do?”

物語の中で、初めてブラウン夫妻に出会ったときに発したこの言葉!

“How do you do?”は、「初めまして」、「こんにちは」という意味がありますが、非常にフォーマルな挨拶です。現在では、使われるシーンが少なくなっています。一般的には、”Nice to meet to you!”などがよく聞かれますよね!

でも、そこは紳士的なくまパディントン♪映画では「ごきげんよう」と訳されていました。

パディントンらしくて、かわいらしい挨拶だなーと思いました♪

パディントンの本

くまのパディントン(日本語)

A Bear Called Paddington(英語)

ABOUT ME
木佐しょうこ
イラストレーター・翻訳家の木佐しょうこです!