英語

Webサイト制作でよく使う英語

Webサイトに英語を使用する時に必要なフレーズを紹介

こんにちは。翻訳家でイラストレーターの木佐しょうこです。私は、デザイン事務所さんからのご依頼で、Webサイトの翻訳や英語のキャッチコピーを作るお仕事もしています♪

今回は、Webサイトで使用できる英語を集めましたので、ぜひご活用ください。

また、注意点としてこのサイトではスラッシュ⇨/を「または」の意味で使っています。ですので、ご使用の際にはどちらか一つを使用ください。

Webサイトは英語で?

Webサイトは、英語で“Website/website”です。

よく、webとsiteの間にスペースが入ってしまうミスが見られますが、つながっている単語です!!その点ぜひお気をつけください♪

Webサイトのボタンで使える英語

ここをクリック Click Here 

提出 Submit

お問いわせ Inquiry/Contact

お問い合わせフォームで使える英語

ご依頼を提出ください。 Submit your request here.

下記のフォームを入力ください。 Please fill out this form below.

リクエストの種類 Type of Request  

仕事に関するお問い合わせ Request regarding work

Request regarding〜で、~に関するという意味です♪

会社名 Company Name

担当者名 Name of person in charge

メールアドレス E-mail address

電話番号 Phone number

ご依頼の詳細 Details of your request

ページタイトルで使える英語

初めての方へ Guide

会社概要 Company-info

よくある質問 FAQ

新着情報 News/Latest information

事業紹介 Services

無料相談 Free consultation

求人情報 Recruit

スタッフ紹介 Staff

実績 Works

サイトマップ Sitemap

サイトポリシー Privacy policy

サービスの流れ Flow

受賞歴 Awards received/ Awards

経歴 Personal history

アクセスについて

アクセスは、そのまま“Access”です!

住所の描き方

英語の住所は、次の順番で書きます!

建物名、部屋番号(階数)、丁目・番地・号、市区町村郡、都道府県、郵便番号 国名

例を見てみましょう!

日本語:〒123-0000 東京都新宿区新宿1-2-3 新宿ビル101

英語:Shinjuku building #101, 1-2-3, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 123-0000 Tokyo

どのアルファベットを大文字にしたら良いの?

基本的には最初の文字は大文字にします。

二文字目以降は、学校で小文字にするという内容を習いましたよね。

それでも大丈夫です!

英語の広告では、キャピタライゼーションのルールというものを使って見出しが作られることがあるので、ぜひチェックしましょう♪

キャピタライゼーションルール(Capitalization rules)とは

英文のルールのことです。キャピタライズとは、単語の最初のアルファベットを大文字にすることです。

基本的なルール

  1.  冠詞、等位接続詞、前置詞、不定詞のtoは小文字にする
  2. 名詞、形容詞、代名詞、動詞、副詞、従属接続詞は大文字にする
  3. タイトルの最初と最後の単語の先頭を大文字にする

冠詞

a, an ,the

等位接続詞

and, but, not, yet, for, or

従属接続詞

when, until, since, once, although など

結局どうしたらいいのか?

ページ全体で統一されていればOKです!

また、デザイン性を重視して上記のルールを適用していない場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

ぜひご自身のWebサイト制作で英語をご使用の際に役に立てたのならうれしく思います♪

ABOUT ME
木佐しょうこ
イラストレーター・翻訳家の木佐しょうこです!